学校ICTについて

学校におけるICT環境整備について
教育のICT化に向けた環境整備5ヵ年計画(2018〜2022年度)

 

新学習指導要領においては、情報活用能力が、言語能力、問題発見・解決能力等と同様に「学習の基盤となる資質・能力」と位置づけられ、「各学校において、コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段を活用するために必要な環境を整え、これらを適切に活用した学習活動の充実を図る」ことが明記されるとともに、小学校においては、プログラミング教育が必修化されるなど、今後の学習活動において、積極的にICTを活用することが想定されています。
このため、文部科学省では、新学習指導要領の実施を見据え「2018年度以降の学校におけるICT環境の整備方針」を取りまとめるとともに、当該整備方針を踏まえ「教育のICT化に向けた環境整備5ヵ年計画」を策定しました。
また、このために必要な経費については2018〜2022年度までを単年度1805億円の地方財政措置を講じることとされています。


 


学校ICT支援員がお手伝いします。
学校内への常駐  授業中の補助  校内での研修  
  1.電子黒板などのICT機器の操作
  2.授業支援システムの操作
  3.学習支援システムの操作
  4.デジタルコンテンツの作成の支援
  5.ホームページの作成、更新の支援
  6.ICT機器の授業前準備
  7.ICT機器の整備
  8.ICT機器の障害対応
        はごろも学習センター  893−6077 

 
           
 かみや あつひろ   ぐしけん  こうたろう
     
ICT支援員   神谷 厚寛 ・ 具志堅 孝太郎

このページのTOPへ